アナウンサー

小野文惠アナはNHKのアナウンサー!結婚はしているの?旦那(夫)は誰?

投稿日:

NHKには様々なアナウンサーがいますが、小野文恵さんほど好感度の高いアナウンサーはいなかったのではないでしょうか。

今では局次長級であるエグゼクティブ・アナウンサーにまで昇りつめた彼女。

今回は、そんな経歴も含めて、小野文恵について見ていきましょう!

 

NHKの人気アナウンサー小野文恵とは?

彼女は1968年4月18日に広島県府中市で生誕しました。

小学校・中学校を地元で過ごし、高校は広島でも1位2位の学力を争う広島大学附属福山高校に入学します。

この頃からかなり勉強ができたそうで、高校入学後にさらに勉強にのめりこみます。

そして、高校卒業後はなんと日本の最高学府である東京大学に入学します!

文学部に籍を置いていた彼女は、1992年に東大を卒業します。

23歳での卒業を考えると、1浪あるいは1留してそうですね。

何にせよ、広島一の高校から日本一の大学へ進学するという、まさにエリートコースを進んでいったわけです。

 

1992年、大学卒業後はNHK山口局にアナウンサーとして入局します。

小さい時から勉強を卒なくこなしていたわけですから、アナウンサーのお仕事も難なくこなしていたと想像できます。

しかし、実際には異なり、アナウンサーらしからぬ自由な発言ばかりしていたそうです。

例えば、山口での高校野球地区予選の実況で野球の知識がほぼ0であった文恵さんは、センターに打ち上がった打球を見て「打った!センターバック!キャッチャーフライです!」と言ったり、コールドゲームの試合を観て「何が起こっているんでしょうか?」と実況していました。

野球の知識がなかったことは仕方がないですが、それ以外の番組でもポンコツな一面を頻繁に見せており、とても東大卒とは思えない程でした。

しかし、視聴者はこの一面から彼女のことを「あまりにもたどたどしくて、恐ろしくて、目が離せない。」と思うようになり、積極的に彼女の出演する番組を観るようになります。

そのせいもあって、彼女がメインキャスターを務めた夕方の報道番組「イブニングネットワークやまぐち」のほとんどの視聴率は20%超えであったとか。

5年もの間NHK山口の顔として活躍した彼女は、1997年に東京アナウンス室に異動となります。

配属後さっそく「ためしてガッテン」の司会を務め、同年の6月には「鶴瓶の家族に乾杯」「土曜スタジオパーク」も担当するという活躍ぶり!

この頃には明るいポンコツキャラが定着し、それが視聴者の評判の良さにつながっていました。

2004年末には「NHK紅白歌合戦」の紅組司会、2008年には総合司会に選ばれます。

当時は「紅白は希望を捨てたんでしょうか。」と自虐コメントを放っていましたが、見事司会を務め上げました。

この自虐コメントを皮切りに明るいユーモアのあるアナウンサーとして評価され、日本で毎年3人にしか与えられない「ゆうもあ賞」を受賞します。

2007年には「日本語センター」に出向しつつ、今まで担当した番組を継続して請け負っています。

番組内ではコスプレをしたりと、タレント色の強いキャラクターになっていきました。

一方で、2011年には報道番組「ニュース深読み」のメインキャスターになるなど、アナウンサーらしい一面も見せています。

その後も、彼女のキャリアと好感度はどんどん上がっていき、2013年には「本当に好きな女子アナウンサーランキング」第3位に選ばれました!

2017年、さらに新しいことに挑戦するべく、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」のナレーションを務めます。

初のナレーションでは歌舞伎調で話すことを意識するように言われたため、わざわざ歌舞伎座を観に行ったんだとか。

向上心のあるすばらしい女性ですね!

最近では「あさイチ」やNHKラジオ第一「高橋源一郎の飛ぶ教室」に出演するなど、司会業に戻り、2020年、アナウンサーとして最高位のエグゼクティブ・アナウンサーに昇格します。

 

キャリアも人気も留まるところをしらない、そんな人生ですね!

小野文恵の初婚エピソード!旦那(夫)は誰?

さて、そんなキャリアウーマン小野文恵さんですが、ご結婚されているのでしょうか?

実は文恵さんが山口にいらっしゃった1994年(25歳)に、同じ山口局の男性アナウンサーとご結婚されているんです!

しかし、結婚してすぐにお相手の男性が東京に転勤になってしまいます。

これがきっかけですれ違いが起こり、3年後に離婚してしまいます。

挙式はあげていたそうですが、婚姻届は提出していなかったので、事実婚だったそうです。

割と悲しい別れ方をしていますが、今ではお二人は一緒に飲みに出かけるほどの仲の良い友達だそうで、楽しく過ごしているとのことです。

 

小野文恵は2度結婚している?2人目の旦那(夫)は誰?

小野文恵さん、実は2度目の結婚も経験されています!

2012年(44歳)に菅康弘さんという方とご結婚されているんですね。

この菅康弘さん、実はNHK理事・放送総局副総局長をお務めになっている超お偉いさん!

文恵さんから見れば上司にあたる方です。

今では文恵さんもエグゼクティブ・アナウンサーという素晴らしい役職についていらっしゃることを考えると、かなりお金を持っている夫婦ということになりますね。

うらやましい!

ただ、一番うらやましいのは仕事でもプライベートでも強い絆で結ばれている事ですね。

 

ちなみに文恵さんにはお子さんはいらっしゃらないようです。

というのも、彼女自身「50代くらいで子供を生めばよい。」と考えていたらしく、20代30代は仕事一筋で生きていたそうです。

しかし、皆さんもご存知の通り20代30代が出産適正年齢であり、その時間を仕事に費やしてしまった彼女は子供を産むタイミングを逃してしまったそうです。

当時は仕事と子育ての両立も難しかったらしく、それも影響してお子さんをつくらなかったのでしょう。

 

何にせよ、今は菅さんと幸せな日常を過ごしているのですから、何も言う事はありませんね!

 

まとめ

今回は小野文恵さんについて見ていきました!いかがだったでしょうか?

 

東大卒であるにも関わらず、おちゃめな一面のある小野文恵さん。

 

2度の結婚を経験するも、最終的には素晴らしい人生を歩んでいる、まさに女性の鏡です。

 

こんな女性に誰もが憧れるのではないでしょうか?

-アナウンサー

Copyright© 注目を集めそうな芸能人事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.