タレント

高見恭子の若い頃のエピソードが凄い!旦那(夫)とはいつ結婚したの?

投稿日:

タレントやエッセイストとして活動している高見恭子さんは現在、

通販で購入できるバッグのプロデュースを手掛けているキャリアウーマンです!

高見恭子さんは実は養女で、若い頃はモデルとして活動していました。

結婚についても実は二度目・・・?気になる情報をたっぷりお届けします!

 

【高見恭子さんのこれまで】

高見恭子さんは1959年1月5日生まれで、現在は62歳です。

高見恭子さんは1959年のあの有名作家の高見順さんと愛人の間に生まれ、

高見順さんの小説「生命の樹」に登場するホステスのモデルにもなりました。

高見恭子さんが5歳の時に高間家の養女として籍に入り、出生名の「小野田恭子」から「高間恭子」になりました。

高見恭子さんが養女になって2週間経たずして父の高見順さんが病死し、

高校卒業までは高見順さんの本妻から養育費をもらい、生活をしていたそうです。

高見恭子さんは14歳で雑誌モデルとして本名の「高間恭子」でデビューしました。

若い頃からスタイルが良く、雑誌モデルとして活躍した後はテレビタレントとして活躍されていました。

高校卒業後には大学に進学していますが、中退をしています。

テレビタレントとして活躍している間はコメンテーターやパーソナリティーとして数多くの番組に出演し、

エッセイストとしても活躍しています。

若い頃にはたくさん苦労をされていたのでしょうが、

高見順さんの文才をしっかりと受け継がれているのが著書でもわかるほど。

趣味として少女マンガをこよなく愛しているそうで、テレビ番組でもその愛がわかるほどなんだとか。

漫画だけでなくアニメにも熱中しており、他には韓流ドラマにもハマっており、

出演した番組では熱狂的な韓流ファンぶりを見せ、

韓国俳優との共演では涙を流す程感動していたというエピソードもあります。

 

【高見恭子さんは旦那(夫)とラブラブ?】

高見恭子さんは過去に一度結婚をしていた経歴があり、その結婚生活は一ヶ月で破綻しています。

一度目の結婚は医師の方だったそうで、それはそれは電撃婚だったらしく、

この結婚については事務所はおろか、親も知らなかったんだとか。

それもそのはず、たった4回のデートで結婚を決めてしまったんだそうです。

若気の至りだったのでしょうか。結婚生活は半年で終りを迎えています。

その際、高見恭子さんは「幸せな家庭を作り上げる途中で壊れた。」と発言しており、

あっという間だったという事を表現するように「クシャミをしていた間に全てがなくなっていた」と言っています。

さすが作家の娘と言いたい所ですが、本当に結婚までと離婚までがすごいスピードでした。

そして現在の旦那(夫)と結婚したのが離婚から4年後の1994年に当時プロレスラーだった馳浩さんと結婚。

2015年にはおしどり夫婦の証でもある「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2015」

を受賞するほど仲の良い夫婦として有名です。

旦那(夫)の馳浩さんと高見恭子さんは友人を介して出会ったそうで、

馳浩さんから高見恭子さんにアプローチをかけたんだとか。

ロマンチックに和歌を書いたラブレターを送っていたのは驚きですね。

文才のある高見恭子さんにはきっと響いた事間違いありません。

そして付き合ってから1週間ほどで「結婚しよう」となったそうです。

やはり高見恭子さんは結婚を決めるのが早いのかもしれませんね。

高見恭子さんの母親に馳浩さんを紹介した翌日に、高見恭子さんの母は他界してしまったそうで、

その際の葬儀は馳浩さんが仕切ってくれたそうです。

女性ならそんな時に頼りになる男の人にこれからの人生を共に歩みたいと思いますよね。

結婚後は1人の娘さんがおり、高見恭子さんと旦那(夫)の馳浩さん、そして娘さんの三人で暮らしているそうです。

 

【高見恭子さんの現在】

高見恭子さんは以前から多くのバラエティ番組や情報番組に出演していましたが、

現在はオリジナルブランドの「cat in the closet」を立ち上げ、アパレル商品を取り扱っているんだとか。

特に人気のある商品はバッグで、こちらがお手頃価格にも関わらずオシャレ感や使い勝手の良さがあり、

「ショップチャンネル」でも紹介され、1時間で1億円以上の売上を叩き出す時もあるんだとか。

また、テレビ出演やアパレルブランドの運営以外にも講演会などに呼ばれる事もあるそうです。

エッセイストとしての人気もありますので、高見恭子さんは現在もマルチに活躍されているようですね。

働く女性の先駆け人として現在も光り輝いているようです。

 

【まとめ】

高見恭子さんをテレビで拝見したことがある方はとても多いですよね。

実はこんなに様々な経験をしていることがわかりました。

「愛人の子ども」というとネガティブなイメージを持たれがちですが、

そこからしっかりと這い上がって自身の立ち位置を確立されているのがよくわかります。

若い頃から様々な経験を通し、現在の旦那(夫)と出会って、

まさに波乱万丈のような、順風満帆な人生を送られています。

今後もお仕事を通して、素敵な姿を見せていってほしいですね!

-タレント

Copyright© 注目を集めそうな芸能人事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.